遺留分の法律相談は虎ノ門パートナーズ法律事務所へお任せ下さい。

法律相談(初回無料)のご予約・お問い合わせ

03-3580-1951

受付時間 平日9:30~18:00

遺留分減殺請求後の対応

遺留分減殺請求をしたのですが相手から何の音沙汰もありません。この後どう対応したらいいのですか?

受遺者と財産の返還等について交渉する必要があります。当事者間での話し合いで解決できない場合には、家庭裁判所での調停等を検討することになります。

遺留分減殺請求の意思表示がなされると、当然に減殺の効果が生じますので、受遺者または受贈者(「受遺者」といいます)は減殺の効果が生じた範囲で財産を返還しなければなりません。しかし、遺留分減殺請求の意思表示がなされたとしても遺留分の存在もしくは遺留分の額に争いがあったり、感情的な対立などから受遺者の側から積極的に財産の返還等をしてくれるとは限りません。

そのため、受遺者と財産の返還等について交渉を行う必要があります。当事者間での話し合いで解決ができない場合には、家庭裁判所へ調停を申し立てたり、地方裁判所等へ訴えを提起するなどして解決を図ることになります。

お問い合わせについて

法律相談(初回無料)のご予約
03-3580-1951
(平日9:30~18:00)
✉メールでのお問い合わせ
(24時間受付)

よくある質問