遺留分の法律相談は虎ノ門パートナーズ法律事務所へお任せ下さい。

法律相談(初回無料)のご予約・お問い合わせ

03-3580-1951

受付時間 平日9:30~18:00

遺留分減殺請求を受けた場合の対応

遺留分減殺請求を受けたのですが、この後どう対応したらいいですか。

遺留分権利者と財産の返還について協議することになりますが、相手方から交渉を求められた段階でそれに応じれば足りることが多いと考えられます。

遺留分減殺請求の意思表示がなされると、当然に減殺の効果が生じますので、減殺の効果が生じた範囲で財産を返還しなければなりません。しかし、遺留分減殺請求の結果、取得した財産が共有状態になったとしても、受遺者としては取得した財産を継続的に利用できることが多いと想定されるため、受遺者の側で積極的に交渉を求めていく必要はさほど高くはないと考えられます。ただし、遺留分減殺請求の対象となった財産に収益物件がある場合や価額弁償をすることを予定し取得した財産の価値が増加している場合などは遺留分の問題を早く解決した方が有利な場合もありますので、注意が必要です。

お問い合わせについて

法律相談(初回無料)のご予約
03-3580-1951
(平日9:30~18:00)
✉メールでのお問い合わせ
(24時間受付)

よくある質問