遺留分の法律相談は虎ノ門パートナーズ法律事務所へお任せ下さい。

法律相談(初回無料)のご予約・お問い合わせ

03-3580-1951

受付時間 平日9:30~18:00

遺留分として特定の財産の交付を請求できるか

遺留分減殺請求を受けたのですが相手から私が取得した財産のうち自宅がほしいと言われています。私は、その自宅に住んでいるのですが、自宅を渡さないといけないのでしょうか。

相手の要求に応じる義務はありません。

遺留分減殺請求の意思表示がなされると、当然に減殺の効果が生じ受遺者または受贈者(単に「受遺者」といいます)が取得した財産は遺留分割合に応じた共有となります。受遺者は減殺の効果が生じた範囲で財産の返還をすれば足り、遺留分権利者からほしい財産を指定することはできません。そのため、自宅がほしいという相手の要求に応じる義務はありません。

しかし、自宅についても減殺請求の効果が生じていれば、遺留分権利者と共有になっていますので、相手の共有持ち分に登記に応じるか、自宅の共有持ち分に相当する金銭を支払う(民法1041条1項)などして何らかの解決をする必要はあると考えます。

お問い合わせについて

法律相談(初回無料)のご予約
03-3580-1951
(平日9:30~18:00)
✉メールでのお問い合わせ
(24時間受付)

よくある質問